継続しやすい計画の立て方とは?

今回は科学的に正しい計画の立て方ということで実行ができ、継続しやすく、そして気持ちの上でも納得ができる、正しい計画の立て方についてご紹介していきます。

なぜ計画は倒れてしまうのか

過去において計画をしたことは何度もあるけれどその計画どおりにはいかず、挙句の果てには途中で諦めてしまった、という方も多いのではないでしょうか。

また、人間の心理には計画したことは達成したいという一貫性の原理がありますから、自分が立てた計画がうまくいかないとまるで自分との約束を破ったような気持ちになり落ち込んでしまうのです。

それではいったいどうして計画倒れが起きてしまうのでしょう。

計画が倒れてしまう3つの理由

計画が倒れてしまうのは、以下の3つの理由が主な要因です。

 

1達成不可能

まず一つ目に計画の達成が、そもそも明確にイメージされていないということがあります。

計画を立てたはいいものの、ゴールが明確になっていないと一体いつまで、どれくらいすればこの計画が終了するのかが途中で見えなくなってきてしまい挫折してしまうのです。

 

2継続不可能

そして2つめに計画が漠然としており継続が難しいという理由があります。

たとえ計画のゴールが明確になっていたとしても、そこに行き着くまでのプロセスが漠然としていると、計画が進むにつれて状況が複雑化していき、それに伴い方法が分からなくなり途中で諦めてしまうのです。

 

3納得していない

そして3つ目に計画自体はゴールを明確でかつ、プロセスをはっきりしていたとしても、そもそもその計画自体倫理的であったり、価値観的に納得していないとするならば、途中でモチベーションを失い、計画の遂行を辞めてしまうことになります。

それではいったいどうすればこのような計画が倒れてしまうような原因を取り除き、達成可能、継続可能、納得可能の3拍子が揃った計画づくりをすることができるようになるのでしょうか。

その3点を抑えたオススメの方法がこれから紹介する、mac の原則という方法です。

mac の原則に沿って計画を立てれば計画倒れをしなくなる

mac(エムエーシー)の原則とは、とある大学の研究チームが、計画立案に関する様々な論文よく、現時点で最も効果的なゴールの設定方法と結論付けた原則のことです。

macのmとは、測定可能性を意味し、aとは行動可能性を意味し、cとは、適格性を言いあらわしています。

それでは1つずつ解説をしていきます。

 

mac の mとは

計画に測定可能性を持たせる。

まず計画を立てる際にゴールを数値化する必要があります。

数値化することで、はっきりと測定することが可能になり、達成イメージが漠然としたものから、はっきりと具体化したものへと変化しますね。

例えば運動をしようと計画を立てたとするならば、とにかく毎日走ろうではなく、万歩計で計算して1日1万歩を達成するようにするというように計画するのです。

 

macのaとは

計画を細いプロセスに分解しましょう。

次にするべき計画の詳細度を高めるということです。

漠然と計画のゴールだけを定めるのではなくその合意に至る手順を

とにかく細かく設定するのです

先ほどの例で言うならば、早起きして走ろうではなく6時に目覚めて、ベッドの横に準備しておいた運動着に着替えて、台所に行って水を一杯飲み、万歩計付きのリストバンドでにつけて外に出る。

そこから公園の高台までいって、景色を眺め家に帰ってくるというように、詳しく設定しましょう。

macのcとは

計画の実行に心理的に同意する。

これは、そのままの意味です。

どんなに優れた計画であっても、それを実行する当の本人が計画自体に納得していなかったとすると、どうしても心理的な抵抗に悩まされてしまいます。

先ほどの例で言うならば、走って体を鍛えよう。

でもどうしてわざわざ毎朝疲れるようなことをしないといけないんだ?

ではなく、早朝に走ることで生活習慣の見直しにもなるし、溜まった脂肪を燃焼して健康的になれるから走る。というようにです。

計画を立てるときは mac の原則を取り入れよう

以上いかがでしたか今日の動画では科学的に正しい計画の立て方という観点から、計画が倒れてしまう3つの理由を紹介しました。

そして実行ができ、継続しやすく、そして気持ちの上でも納得ができるの3拍子が揃った計画づくりをすることができるようになるmacの原則について紹介をしてきました。

何か一つでもを参考になる点がありましたら幸いです。