ストレスから解放されるためには?

ストレスを抱えている自覚はあるけれど、ストレスへの対処法が分からないということはないでしょうか。

実は、ストレスの原因は、生活習慣にあるのです。

ストレスの発生の仕組み

ストレスを感じる人と、感じない人の違いとは何でしょうか。

それは、考え方の違いにあります。

例えば、朝にニキビが出来ているのを発見してしまったAさんとBさん。

そんな状況で、Aさんは、ああ、こんなの人に見られたくない、恥ずかしい。と、思いますが、Bさんは、どうしてだろう。生活習慣を見直そう。と考えます。

この違いがストレスを感じる人と、感じない人の考え方の違いです。

何故でしょう。

先ほどのAさんは、人に見られたくないと、恥ずかしさを感じています。

すると、自分の自信を失い、やる気が下がってしまいます。

それではBさんはというと、自分のことを客観的に見て、分析し、改善をしています。

すると自分のモチベーションが上がり、自分の自信もあがっていきます。

 

ストレスとは、考えた先にある、結果のようなものです。

なので、変えることができます。

これを、ステップを踏んで考えてみましょう。

ステップ①事実を目の前にする。

AさんとBさんは、ニキビが出来ているという事実を目の前にしました。

ステップ②その事実に対して判断をする。

Aさんは、ニキビは憎いもの、Bさんは、生活習慣を改善しようと判断しました。

ステップ③ここで喜怒哀楽の感情がでます。

Aさんは、ネガティブになり、Bさんは、ポジティブな気持ちになりました。

このように、全く同じ現実を体験しているのに、天と地ほどの差があるのは、人がその事実を目の当たりにして、どう判断するかによって変わるからです。

そのため、ストレスの感じ方に違いがあるのです。

 

ストレスを感じにくい考え方とは?

それでは一体、どうすればストレスを感じにくい考え方になれるのでしょう。

それは簡単です。

Bさんのようにポジティブになればいいのです。

マイナス思考は避け、プラス思考で考えましょう!

最初は無理やりでも構いません。

それでも続けているうちに本当にそう思うようになっていきます。

だいたい3週間位で習慣になってきますよ。

これが習慣化です。

みなさんも、プラス思考を習慣化して、ストレスフリーな生活をおくりましょう!